Sponsored Link

母乳育児中の食べ物飲み物いいもの一覧

母乳育児中の食べ物飲み物いいもの一覧にしますと、

 

いいもの・乳質にいいもの

たくさん食べて良いもの ごはん、白米、玄米など。ごはんは、一食二膳!うどん。
血液がサラサラになるもの 和食。納豆、味噌、鶏肉、白身魚、めざし、植物油を中心に。
エネルギーあるもの 旬の野菜、いも類・大根・蓮根・ごぼう・にんじんなどの根野菜。
循環をよくするもの

お水(1日2リットル以上)、カラダを温めるもの、ごま、ひえ、ごま油、番茶、
ほうじ茶、ノンカフェインのたんぽぽコーヒー「ぽぽたん」母乳育児ママ専用ハーブティーミルクアップブレンドミルクアップブレンドなど

鉄分豊富なもの

葉酸、マグロやカツオなど赤身の刺身、肝串、貝類(アサリや牡蠣など)、
わかめ、ひじき、乾物(シイタケや豆腐)など。


こうなります。

 

赤ちゃんにとっても大切な母乳。母乳の源は、ママ自身の食べ物飲み物です!

 

母乳育児中の食事でいいものやダメなものを理解していることはママにとって重要ですよ♪

 

私が母乳育児していた時に調べたり聞いたりしたことをまとめてます。

 

母乳育児の食事でいいもの一覧とダメなもの一覧などを参考にしてくださいね。

 

産後に母乳育児をするのなら、赤ちゃんのためにもどんどん食べなさい!

 

この言葉は、私が通っていた桶谷式母乳育児相談室の先生のお言葉です。

 

母乳を出してるいるのなら、食欲があって当然!

 

ごはんやうどんが母乳育児でいい食べ物なので、沢山食べなさい!

 

ただし、バランス良い食事が大切!!

 

このバランスが重要なのです。

 

授乳中の母乳育児の食べ物飲み物で、ダメなものにも気をかけながらバランスよく食べましょう!

  • 和食を基本に!
  • 水分は十分に!
  • 旬の野菜を上手に取り入れましょう!
  • 油分・甘いものは控えめに!
  • 牛乳・乳製品のとりすぎには注意を!

こんな事に注意すれば良いです!桶谷式マッサージの先生が言ってました。

 

母乳には、アレルギーになりにくかったり、免疫物質がたっぷり含まれていて、赤ちゃんもママも病気になりにくかったりと、母乳育児のメリットいっぱいの記事でも書きましたが、良いことが多いです♪

 

赤ちゃんの母乳を吸いたい!という思いと、ママの母乳をあげるタイミングが合い始めると、母乳育児はとても楽しく幸せな気分になっていきます。

 

そして母乳が美味しければ、赤ちゃん大喜び!!

 

母乳を質の良い美味しいものにするには、バランス良く何でも食べる、美味しく食べる!

 

健康的な母乳を作るために一番大切なことだと思います。

 

ただ、ママのストレスになってもよくないので、色々工夫して、楽しい産後の母乳育児がもっと大事ですよね!

 

ちなみに私は、2人目の時に肌にも健康にも母乳にも良いと評判の豊潤サジージュースにかなり助けられましたよ♪

 

二人の子供が卒乳してからはサジージュースも飲まなくなったのですが、最近、貧血解消と娘の免疫力アップのためにまたまた飲み始めてます♪

 

保育園児はいろいろと病気にかかりやすいのですが、サジージュースで免疫力アップ作戦開始してからは休む頻度がずいぶん減りましたね〜。

 

是非、参考にしてみてください♪

 

そして母乳育児ゆる〜く頑張りましょう!赤ちゃんの笑顔を励みに!

Sponsored Link

母乳育児の食事でダメなもの一覧

「授乳中の食べ物でダメなもの」というか、母乳の乳質を悪くする可能性の高い食べ物飲み物は、

  • カレーライスなど、辛いものなど刺激が強いもの。
  • ラーメンなど、油っこいもの。
  • シチュー、乳製品。アイス・チーズ・ヨーグルトなど。
  • 餅、もち米。昔はいいものと言われてましたが・・・。

 

授乳中のママにわかりやすいように、母乳の乳質を悪くする可能性の高い食べ物飲み物を一覧にすると、

 

 

乳質によくないもの

油っこいもの

ラーメン、天ぷら、マヨネーズ、とんかつ・からあげ等の肉を油で揚げた物、ピザ、ドーナツ、パンなど

刺激が強いもの カレーライス、キムチ、豆板醤を多く使った料理など、激辛食品、わさび(多めの)など
乳製品 シチュー、アイスクリーム、チーズ、ヨーグルトなど
カラダを冷やすもの 冷たい飲みもの、梨、柿、スイカ、季節外の夏野菜、みりん、化学調味料など
その他・飲み物など

餅、赤飯、甘すぎるお菓子、カフェイン、アルコール、たばこ、無果汁のジュース、缶詰、長期保存食など

 

こうなります。

 

 

先輩!無理です〜・・。

パン食べたい!アイスも食べたい!カレーライスやラーメンも我慢できないかも〜。なんと言ってもスイーツは外せません!
どんなに食べたくても我慢しなきゃダメですか!?


 

大丈夫!「あ、そうなのね〜」くらいに気軽に・気楽に受け止めておくぐらいがちょうどいいのよ。

私もゆいみたいに我慢できなかったし・・。ひどい時は、ビールも飲んだし・・。


 

ビールまで〜!?本当ですか〜?

けんちゃんの反応は?


 

美味しくなかったみたいで、すぐに吐いてた・・・。

赤ちゃんでも身の危険を感じたのかもね。


 

 

なんという親子・・。

母乳の管理をしっかりやりたい!こういう食生活ができる!
と胸をはれるママはとことん追求しても良いと思います。

 

母乳育児でなくても、慣れない育児にはストレスがつきものですよね。

 

食べることですらストレスになってしまうと、赤ちゃんとの大事なゆったりとした授乳の時間もつくれませんし、やさしい楽しい時間にもなりません。

 

桶谷式母乳育児相談室の経験者の私でも、からあげや甘いものも食べましたし、アルコールも飲んじゃうくらいのゆる〜い母乳育児ぐらいがちょうど良いのでは!?

 

確かに乳質は悪くなりますが、「ママの気持ちも考えて〜〜」が、本音ですよね。

 

 

一つ注意!ゆる〜い母乳育児でも良いのだけど、水分不足だけには気を付けてね!

ドロドロ母乳や母乳不足の原因になるので。


 

 

わかりました〜!なんだか安心してホッとしました〜。

先輩ありがとうございます!


 

食べすぎ・飲みすぎに気をつけて、ゆる〜く、楽しんで母乳育児しよう!!

Sponsored Link

母乳サジー母乳サジー

1000円でお試し!【黄酸汁豊潤サジートライアル】母乳育児たっぷり解決策サジー

母乳育児中の食べ物飲み物での赤ちゃんの影響はどうなの?

母乳育児

母乳の質による赤ちゃんへの影響が、ママには一番、気になるところですよね。

 

母乳育児の食事の状態は、助産師さんともなると、赤ちゃんを見るとすぐ判断できるようです。

 

母乳育児の食事でのダメなもの一覧にあるものばかり食べてしまうと、赤ちゃんのお肌が湿疹やカサカサ状態になり乱れてくるのです。

 

お肌の状態にあらわれるのが、多いのです!

 

赤ちゃんのお肌どうですか?きれいなプルンプルンのお肌がいいですよね。

 

ですので、自分自身が太るからといって食事制限をしたり、産後ダイエット!などといって、偏食をしたりするのは避けましょうね!

 

私が母乳育児中だった時、保健所から助産師さんの家庭訪問があったのですが、

 

褒められました!

 

赤ちゃんの肌がきれいですね〜!ママの食事バランスがいいのですね!って。

 

桶谷式母乳育児マッサージの助産師さんからの食事についてのアドバイスをもらって、実践していたからでしょう。

 

 

結構、ゆるめだったけど・・。ママの体質にもよるらしいです。

 

食事

 

基本は粗食!一日三食、白いごはんは欠かせないですね♪

 

それも毎食二膳を目標にするのが母乳育児の食べ物でいいものなのです!

 

「たくさん食べなさい!その食べた分が母乳の出に反映するんだよ!」

 

と、よく桶谷式マッサージの先生に言われましたね〜。

 

だから、白いごはん、味噌汁、魚、他一品、これが私の基本の食事でした。

 

いろいろな誘惑と戦いましたが・・(笑)

 

 

でも、忘れちゃいけないのが、頑張り過ぎず気楽に気軽にですよ!!

あ!ちなみに、コーヒーは1日一〜二杯程度はオーケー!!

 

アルコールもコップ一杯くらいなら、こちらもオーケーです。

 

桶谷式母乳育児の助産師さんがアドバイスしてくれました。

 

少し楽になりますよね。参考までに。

Sponsored Link